カートをみる マイページへログイン ご利用案内・送料 お問い合せ サイトマップ
RSS

春菊(シュンギク)「菊次郎春菊」の種

春菊(シュンギク)「菊次郎春菊」の種を販売。家庭菜園やプランターで簡単に栽培できます。

春菊(シュンギク)「菊次郎春菊」は、分枝性が強くて株張りに優れ、葉揃いのよい株張り中葉種の春菊(シュンギク)です。葉は濃緑でやわらかく香りに優れる。石灰欠乏症に強く、葉肉も厚く日もち性がよい。

春菊(シュンギク)「菊次郎春菊」の種

メーカー:タキイ種苗株式会社
型番:TA-tane-052
価格:

346円 (税込)

購入数:

在庫

在庫切れ

返品期限・条件 返品や補償についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

■ 商品説明

春菊(シュンギク)「菊次郎春菊」の種を販売。家庭菜園やプランターで簡単に栽培できます。春菊(シュンギク)「菊次郎春菊」は、分枝性が強くて株張りに優れ、葉揃いのよい株張り中葉種の春菊(シュンギク)です。葉は濃緑でやわらかく香りに優れる。石灰欠乏症に強く、葉肉も厚く日もち性がよい。

■ 商品仕様

製品名春菊(シュンギク)「菊次郎春菊」の種
型番TA-tane-052
メーカータキイ種苗株式会社

春菊(シュンギク)「菊次郎春菊」の種の容量:1袋(約4,500粒)
種まき時期:8〜10月頃、1〜4月頃(冷地)/9〜3月頃(中間・暖地)
収穫時期:草丈25〜30cm程になった頃。


<野菜種(タネ)「春菊(シュンギク・しゅんぎく)の育て方・栽培方法>
★種まき
直播き(筋マキ・点マキ)またはセルトレー、ポットで種まきします。本葉4〜5枚頃までに間引き、または定植します。
★栽培・育て方
植え場所は、2〜3年アブラナ科の野菜を栽培していない場所を選びます。1条植えの場合は幅60cm、2条植えの場合は幅100cmの平畝をつくり、株間40〜45cmで植え込みます。大型プランターの場合は2株程植えられます。植えつけから2週間後ぐらいに、本葉が10枚程度に成長したら、株元に軽く土寄せし、液体肥料を1週間毎に2〜3回与えます。シュンギクは、5℃以下になると、生育が落ち、葉が傷みやすいため、晩秋から冬には防寒するとよいです。


<野菜の種子(タネ)のご注意事項>
この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。また、お子様の手の届かない所や直射日光・湿気を避け、涼しい所で保管して下さい。種まき後の育て方や天候などによって発芽などの結果に差がありますので、予めご了承下さい。

関連商品

ニンジン(ナンテス)の種【お取り寄せ品】

339円(税込)
購入数

さし芽種まきの土 5L

希望小売価格: 648円(税込)
565円(税込)
購入数

ページトップへ